前へ
次へ

大切な着物は眠らせないで取引を

リサイクル品の売買が一般的になり、廃棄をするという選択はムダとの認識が広まっています。
中古品はこれまでのようなマイナスなイメージが世間一般で少なくなってきているため、取引の対象となる品目の幅も拡大中です。
例えば、親から受け継がれたり買ってもらったりという着物が挙げられ、着物買取の専門業者も登場しています。
もし着物がタンスの中で眠っているという場合、着物買取を検討してみると良いでしょう。
大切なものであるからこそ手放すという考え方がポイントで、虫による穴あきや変色が発生する前に買取を検討し、誰かに着てもらうのも元の持ち主の役目といえるからです。
価値の高い着物であれば高額査定が期待でき、そうでなくても多くの場合は査定費用を請求されることはありません。
つまり、専門業者の選定も重要な作業となりますので、自宅の近場のみにこだわらず、なるべくインターネットで情報を収集し、そのあとにコンタクトをとることが有利な取引のコツとなります。

1円でも高く着物を買い取ってもらう裏技

着物の価値はわからないけれど、売るなら少しでも高く売りたいですよね。
今回は素人でも簡単にできる裏技を3つ紹介します。
1つめは買い取り先は着物買取専門店にすること。
リサイクルショップでも買取はしてくれますが、着物の価値がわからない定員さんが査定をすることも多く、価値が下がってしまうことがあります。
着物買取専門店数社に査定をお願いして少しでも高く買い取ってもらいましょう。
2つめは「証紙」を一緒に提出すること。
「証紙」とは着物を購入したときに付いてくるもので着物のブランドや価値を証明するものです。
「証紙」のあるなしで価値が変わってくる場合がありますので、保管されていたら必ず提出しましょう。
3つめは「たとう紙」に包んでおくこと。
「たとう紙」とは着物を包んでいる紙のこと。
「たとう紙」は購入したお店のオリジナルデザインになっていることも多く、有名デパートや有名呉服店のものですと、それだけで価値が上がることもあります。
着物は使用期間が短いほど高く買い取ってくれる傾向があります。
お家に眠っている着物があったら一度査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

Page Top