前へ
次へ

取れない汚れがある品でも問題ありません

20年以上前に購入した着物を収納したままになっていて、そろそろ処分するべきかと考えている時に、着物買取サービスのチラシを目にしました。
これは良い機会だと考えて、近くにある着物買取業者に連絡を入れたところ、20年以上前の古い着物であっても購入してくれるとの事です。
そして着物を売りに出そうとしたのですが、着物を取り出してみた時に分かったのが、何年も前につけたシミが残っていた事でした。
目立ちやすいシミではないのですが、シミがあるだけで買取金額が下がりそうだと不安になりながら、着物買取サービスを利用してみました。
査定を受けてみたところ、予想以上に高い査定金額を提示してもらえて、娘も一緒に驚いています。
これだけ高い値段をつけてもらえる理由を聞いてみたところ、シミが付いている以外は特に問題もなく、生地の状態がとても良い事が高い値段がついた理由らしいです。
自分たちで下手にシミを落とそうとして、生地を傷めるような事もせずに査定に出したのも、結果的には良かったのかもしれません。

シミやカビに汚れもなく着用回数も少ない状態で査定へ

大切に保管をしていたものの着物を着る機会があまりないならば、手放して着物買取に出すこともできます。
査定はただでしてくれるとしても、せっかくですから買い取り額をできるだけ下げずに、1円でも高く売れるようにしておくことです。
ノーブランドの洋服であれば、リサイクルショップでも高値の買取は期待できませんが、和装は着物専門買取店を利用することで、それなりの値段が期待できます。
でもいくら着物を専門に取り扱うとしても、あまりにも状態が悪いものを出すのは論外です。
査定額を下げずにできたらあげたいと考えるなら、汚れやシミがない状態で出すこと、着物にカビが生えているのもいけません。
あまり着用回数は多くはない状態で、衣類自体が劣化をしていないことです。
こうした条件が揃っていれば、着物買取専門店へ出した時にも、それほど査定金額が下がることはありません。
いつか着るかもしれないと長くタンスに閉まっておいて、久しぶりに出したらかびていたということの無いように、日頃の着物のケアも大切です

Page Top