前へ
次へ

女性の体形の変化により大きいサイズが人気

男性、女性ともに日本人は江戸時代などはかなり体が小さかったとされます。
もちろん背の高い人や相撲取りなどのように体の大きな人もいました。
でも一般的な人は男性なら160センチぐらいで女性なら140センチぐらいの人が多かったようです。
その後食べの物の変化などによりどんどん男女の体型は大型化しています。
今は男性は170センチ以上の人が多いですし、女性も160センチ以上の人が多くなっています。
洋服などもそれに合わせたものが売られています。
着物はある程度丈の調整ができるため、大きいものを小さくすることはできます。
しかし小さいものを大きくするのは難しいので、背の高い人は新たに買う必要がありました。
着物の買取においては、大きいサイズに希少価値があるとされ高額買取してもらえる可能性があります。
日本人女性の大型化もありますし、日本人よりも大きい海外の人が求めるケースが増えてきたことも挙げられます。
背の高い人が着物を持っているなら、積極的に買取に出してみると良いかもしれません。

サイズによって価値が変わるときがある

日本人はどんどん体格が変わってきていると言われています。
江戸時代や明治時代は男性でも170センチある人は少ないとされ、女性となるともっと低くなるでしょう。
今は女性でも160センチ以上ある人が多くなっていて、170センチ以上の人も結構います。
平均身長は20センチ近く高くなっているかもしれません。
着物の買取をしてもらうとき、サイズがあまり小さすぎたりすると査定額が低くなるので注意が必要です。
着物は元々色々な体型の人が着られる衣類と言えます。
しかし昭和に作られたものだと背の低い女性に合わせて仕立てられているものが多く、背の高い女性が着るには難しいものもあるようです。
大きすぎるものならサイズを小さくしたりもできるのでしょうが、小さすぎるものをサイズアップすることは難しくなります。
有名な作家の作でしかも状態が良ければ高い査定を期待しますが、サイズが小さいと査定が下がるときもあります。
サイズが小さくても高額査定をしてくれるところを選ぶと良いでしょう。

Page Top